お薦め

「美」と「健康」を支える食材として古くから愛されている高麗人参

美と健康の定番食材である高麗人参。
その歴史はとても古く2,000年以上前から、
野生の高麗人参が収穫されていたと言われています。

野生の高麗人参は、人が踏みいるのも難しい山岳地帯に
自生しているため、天然物が市場に出回ることは滅多にありません。
私たちが見る高麗人参のほとんどは、栽培されたものということです。

高麗人参の人工栽培が行われたのは18世紀初めの李氏朝鮮の頃。
それほど栽培は難しかったと言うことです。

話がわき道にそれましたが、話を高麗人参の歴史に戻します。
高麗人参は、韓国のもととなった高句麗の頃には、すでに健康に
有効な食材として認知され、主に王侯貴族の間で愛用されていました。
そんな高麗人参を教えてくれた友達に感謝している方のサイトがありますのでご覧ください。

では日本に入ってきたのはいつ頃なのでしょうか。

文献によると、奈良時代に中国の皇帝からの貢ぎ物として
入ってきたのが事の始まりと言われています。

その後、江戸時代に入り、時の将軍である徳川吉宗が対馬藩を介して
高麗人参の種と苗を取り寄せて栽培を始めたのが、
本格的な日本での普及につながったようです。

その後、各地に種を分け与え、栽培を奨励したことから
高麗人参の日本名「御種人参」がつけられたというのが通説になっています。

高麗人参は今でも効果ですが、当時はさらに高価なもので、
庶民には雲の上の薬だったようですね。

首をくくるほどの借金をしないと手に入らず、
「人参飲んで首括る」ということわざができるほどでした。

名前について、高麗人参という名前が広く世間に
認知されるのにも、いろいろなことが起こっています。
日本では戦前は朝鮮人参と呼ばれていました。

しかし戦後になると、輸入元の韓国に配慮する形で「薬用人参」と改名。
ところが今度は薬用という言葉が薬事法に違反することから、
高麗人参に落ち着いたわけです。

ちなみにこの高麗人参という名前は、日本生まれでありながら韓国でも使われています。
発音としては「コリョインサム」です。

これは、日本が最大の高麗人参輸入国であることから起こりました。
要するに逆輸入されてそれが定着してしまったということですね。
eldiscursodelrey.comこちらのサイトも、健康について書かれています。