お薦め

「6年間大地の栄養分をあるだけ吸収した高麗人参100%使用」

高麗人参は栽培年数により、1年根から6年根までの等級に分けられている、多年生の植物です。
高麗人参としての有効性が生まれるのは、3年根以上と言われており、なかでも6年間成育した6年根が特有成分であるサポニンを最も多く含んでいます。
7年根以上のものは、却って病害虫に対する抵抗力が弱くなってしまい、成長率も低下して組織が固くなるので、非常に価値が下がってしまいます。
ですので、高麗人参は6年根が最高の有効成分を含んだ、最も価値の高いものとなります。
6年間成育させると、高麗人参の名前の由来である人のような形も、全体的にバランス良く発達した最高の形になります。
高麗人参茶や高麗人参酒の飲み方煎じ方についてはこちらのサイトが詳しいです。

また、毎年収穫できるものではありません。
高麗人参の栽培方法はこちらでも詳しく解説されていますが、特に6年根は栽培される土地の栄養分のすべてを吸収しつくして成長するので、収穫後10年もの間寝かせておかないと次の作付けができません。
つまり、高麗人参の6年根は16年に一度しか収穫できないのです。
そのうえ、高麗人参は非常に繊細な植物であり、成長の過程では病気や自然災害、害虫などいろいろな障害があります。
これにより、種まきから5年以内で収穫することも多いのです。
ですので6年根は大変希少です。

さらに、高麗人参は加工法によって「水参」・「白参」・「紅参」に分かれますが、畑から収穫されたままの「水参」を皮をむかずに加工した「紅参」が加工する過程で
新たなサポニンを生じることで、最も栄養分を含むものです。
ですので、高麗人参の最高クラスの物は、「6年根の紅参」といわれています。

「6年根の紅参」を100%使用したこの商品が、どれだけの価値があるかおわかりいただけたでしょうか。
高麗人参はさまざまな形で製品加工されており、商品も目移りするほど出回っています。
しかし、同じように摂取するのでしたら、より多くの優れた効能をもつものがよいと思われます。
高麗人参の商品をお選びになる際には、ぜひ、最高品質を誇る「プンギ産の6年根の紅参」を使用したものをお選びください。
こちらのサイトに高麗人参でストレス解消についての興味深い説明があります。大変参考になりますのでご覧ください。